薬パパは今日も定時に帰ります。

3児のパパ薬剤師による、失敗しないためお得情報満載の転職成功体験ガイド

どの薬局を利用するか迷ったら選ぶとお得な薬局とその理由

f:id:chikamarukun:20170930214609p:plain

 

今回も、調剤薬局を少しお得に利用する方法を。 

前回が少し複雑な話だったかと思いますので、今回はシンプルに。今回は、お得と言っても金銭的ではなく、時間的に損をしないための話です。

 

 

病院から処方箋を発行され、お薬をどこの薬局でもらうか迷われた時には、病院から一番近い調剤薬局でもらわれるのが時間的には無難です。

というのも、世間に薬は約1万5千種類とあり、どこの調剤薬局でもこれ全てを備蓄しているなんてことはありえないです。

使わない薬は不良在庫となりますので、ほとんどの薬局が使うであろう薬だけを備蓄しています。

 

ではその、使うか使わないかの判断をどうやってするかというと、門前の病院の採用品目で判断します。

ですので、飛び込みで離れた病院の処方箋を持ち込んだが、薬がなくて取り寄せに時間がかかる…なんてことがよくあります。

 

さらにタイミング悪く取り寄せができない状況だと、その薬を置いている薬局を求めて患者さん自身が延々と彷徨う可能性だってあります。 

 

もちろん処方された薬にもよりますので、よほどマイナーな薬でなければ、彷徨う可能性は低いですが。

ただ、患者さん自身がその薬をマイナーかどうかを判断するのは少し難しいかなと思います。

 

また、病院から離れた薬局でもすでに何度か通われている場合は、その患者さんのために薬を置いていると思いますので、今回の待ち時間云々の話とは関係ありません。

 

あくまで、初めての処方箋の持ち込み先を迷われた場合、待ち時間を減らすための話だと認識いただければと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。


薬剤師ランキング

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村