薬パパは今日も定時に帰ります。

3児のパパ薬剤師による、失敗しないためお得情報満載の転職成功体験ガイド

休日制度を知っておけば年間休日数が10日以上お得です!

 f:id:chikamarukun:20170930213847p:plain


先日、病院薬剤師として働いていたことを書きながら、勤めていた病院が4週8休制だったことを思い出しました。今回は知らずにいると損をする、休日制度について書いていきたいと思います。

 

 

実は違う休日制度 

企業求人票の「休日・休暇」欄に記載されている4週8休制、週休2日制、完全週休2日制は一見似ているようで意味は全く異なります。

特に薬剤師のような医療職種はシフト制が多く、この休日制度の違いによる影響が大きいため、もしご存じない方はこの記事を一読いただくことを強くお勧めします。

 

PR:転職をお考えの方は、登録だけでまず1万円ゲットしましょう!

登録1万円キャンペーン他♪各種キャンペーン実施中!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)
 

 

4週8休制度とは 

まずは4週8休制、よくあるのが「休日数=1ヶ月の日曜日と月曜日の日数」です。

例えば今月、2017年の9月だと休日数は3,4,10,11,17,18,24,25で8日です。

が、問題は祝日です。一般的な4週8休制では祝日を含むため、祝日があってもなくても休日数は変わりません。

そのため、日曜日と祝日が休みの病院・薬局の場合、3,10,17,18,23,24の5日を除いた残りの休日数は2日です。これを祝日のない2週目と3週目に割りあてても、5週目に日曜日以外に休日の無い週6日勤務が発生してしまいます。

私が勤めていた病院はこの休日制度だったので、ハッピーマンデーの恩恵が全くなく、祝日はどこか「強制的に休み」のような印象を持っていました。

年間休日は107日や108日となることが多いです。

 

週休2日制とは

一見、「毎週2日ずつ休みがある」と思いがちですが、そこは大きな落とし穴です。

定義として、「1ヶ月の間に週2日の休みがある週が一度以上ある」ことを週休2日制と呼びます。

つまり、月の1週目に2日休みを取り、あとの週は全て1日ずつの休みしか取れなかったとしても、立派な「週休2日制」の企業です。

ただ、週休2日制の企業すべてがこれに当てはまるというわけではありません。

週休2日制だからといって「毎週2日ずつ休み」が担保されているというわけではないですよ、ということだけ覚えておいていただければと思います。

また、調剤薬局でよくある「半日業務×2回=1日休み」とカウントすることも、この週休2日制の企業ではありがちなのでご注意を。

ちなみに同じ週休2日制でも、「祝日を含む週休2日制」と「祝日を含まない週休2日制」があります。前者は祝日のある週は「祝日+1日」、後者は「祝日とは別に2日」ですので、意味は全く異なり後者の方が年間休日数は多くなります。

 

完全週休2日制とは

結論から言うと、これが一番年間休日数は多く、土日祝休みの一般企業や公務員の休日制度がこれにあたります。

上で言うところの「毎週2日ずつ休みがある」ことが確約されているパターンです。

毎週2日が確約されているので、「週休2日制」「4週8休」よりも確実に年間休日数は多いです。ただし、こちらも祝日を含む場合と祝日を含まない場合の2バージョンがあるのでご注意を。

祝日を含まない場合で、年間休日数は125日前後となります。

 

まとめ

結論:「完全週休2日制」が最強。

就業先を探す際、ワークライフバランスを重視される方は、「完全週休2日制」の企業を選ばれることをお勧めします。

ただし、「完全週休2日制」や「年間休日125日」などの記載があっても、人手不足などの事情でその通りに休めない…なんて事もあったりしちゃうのがこの業界です。

求人票や面接では都合のいいことだけを並べて、「話が違う!」ってな事も本当によく耳にします。

もちろんその特にはまた転職すれば済むのですが、できればミスマッチなく1回で済ませたいですよね。ですので、就職活動をされる際には、薬剤師転職サイトの利用を強くお勧めします。

 

PR:新規登録だけで1万円ゲット!

 ↓ ↓ ↓ 今一番お得な薬剤師転職サイトへの登録はこちらから ↓ ↓ ↓

ミスマッチのない転職♪1人1人の薬剤師さんにフルオーダーメイド提案実施!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

 

転職者自身の利用は完全無料です。希望条件とのマッチングはもちろん、休みや給与など自分では聞きにくいことも代わりに確認してくれますし、面接同行までしてくれる企業もあります。これについては、長くなるのでまた今後お話しいたします。

 

なんせ4回転職していますので、実体験からお勧め転職サイトをお伝えできればと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。