薬パパは今日も定時に帰ります。

3児のパパ薬剤師による、失敗しないためお得情報満載の転職成功体験ガイド

確実に円満退職できる!薬剤師の退職報告4ヵ条

f:id:chikamarukun:20171014232212p:plain

転職して新しい職場との出会いは希望や期待に満ちている一方、現職への退職報告は気が重いですよねー。よほどブラックで過酷な就労状況であったり、人間関係が悪くて清々しているなら話は別ですが。

長く勤めていた場合ならもちろん、短くてもお世話になったことは事実ですので、どのような場合でも、出来れば後腐れなく円満退職が望ましいと思います。余程のことがない限りは、退職報告後も数週間〜数ヶ月働くのが一般的です。

その間にできるだけ居心地良く過ごせるよう、今回は退職を円満にするたった4つのコツを書いていきます。

退職日は就業規則を確認

まず、就業規則には「自己都合での退職する場合は、退職の◯ヶ月前に申し出ること」と定められています。必ず確認し、守るようにしましょう。

一応、労働基準法では「2週間」とされていますが、あくまで法律の話です。円満退職に持っていくなら、法律よりも会社の規則に従いましょう。

 

【注目】面接に行くと3万円ゲット!新規登録と合わせて4万円!

↓ 今一番お得な薬剤師転職サイトへの登録はこちらから ↓

登録1万円キャンペーン他♪各種キャンペーン実施中!
薬剤師の派遣・転職 株式会社AXIS(お仕事ラボ運営)

 

退職報告の相手を間違えないこと

必ず「直属の上司」です。これ以外は全て間違いと考えましょう。人事部や本社などに報告したとしても、結局そのあとに必ず直属の上司との面談があります。

また、相談相手も間違えないように。詳しくはこの記事をご覧ください。

chikamarukun.hatenablog.com

 

引き留めに揺るがないよう、決意は固く

引き留めには2パターンあります。1つは現職に引き留める場合と、もう1つは退職は認めるが時期を先延ばしにする場合です。

現職への引き留めは、年収アップや勤務環境改善を条件に提示されることがあります。本当にあなたにとって良い条件なら止まるのも一つの選択肢かもしれません。ただ注意すべき点は、その提示が本当に実現されるかどうかです。年収アップならまだ書類が残るかもしれませんが、勤務環境改善などはその場しのぎの口約束になる可能性が高いです。

また留まったところで、「一度辞めようとした」という事実は消えません。またいつ辞めるかもしれない、と上司からの信頼は損なわれており、居心地の悪さだけが残ってしまいます。

 

そしてもう1つの、「すぐに辞められても困る。後任が決まるまで待ってほしい」と先延ばしにされることはよくあります。この場合も、「次の入社日が決まっていますので」と言って断るようにしましょう。もしかしたら、これもとりあえず引き留めるための口実で、あなたが諦めるまで後任を探す気などない可能性もあります。

転職先への入社日の遅れは非常に迷惑がかかります。どうしても先延ばしにされそうな場合には、「これまで働いた会社」と「これから働く会社」のどちらを優先するかは明白です。先延ばしはハッキリと拒否しなければいけません。

 

このように、どちらの引き留めにあっても揺るがない、隙を見せないよう決意しておきましょう。

 

【お祝い金60万円に増額中!】こちらの転職サイトを経由するだけで60万円もおトク!

  ↓  ↓  ↓  新規登録はこちらから  ↓  ↓  ↓

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

 

 

退職理由は悪口にならないように

当然ですが、退職理由は必ず聞かれます。ただし悪口、つまりマイナス要因として伝わらないよう注意が必要です。なぜなら、マイナス要因を退職理由にしてしまうと、会社に引き留めの口実を与えることになってしまうからです。そのマイナス要因を解消すれば退職する理由がなくなってしまうのですから。

同じ理由だとしてもプラス要因として伝えるコツが必要です。退職理由がプラス要因だと、現職からは手出しができません。引き留めの口実がなくなります。

この辺りは転職面接の記事の「退職理由」にも書いたので、合わせてご覧いただければと思います。

chikamarukun.hatenablog.com

 

また、退職面談時、直属の上司や人事担当者から「最後に言っておきたいこと」を聞かれることがあります。不満がある場合はどうしても言いたくなりますが、それがただの会社や個人に対する不満ならば言わないでおきましょう。言ってもあなたが得することはありません。時間の無駄です。

 

立つ鳥跡を濁さず

いずれ退職すると言っても、退職するまでの期間は平穏に過ごしたいものです。狭い業界です。最後の印象が悪いと今後のキャリアに影響が出るかもしれません。転職先に悪い噂を流したりと、嫌がらせをするような会社もあると耳にしたこともあります。

どうせ退職するからと言わず、少しの心がけでいいので、円満退職を目指しましょう!

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。