薬パパは今日も定時に帰ります。

3児のパパ薬剤師による、失敗しないためお得情報満載の転職成功体験ガイド

ヤラセとかではなく、ぐるナイ『ゴチになります!』に感じる矛盾点。

日テレ『ぐるぐるナインティナイン』番組の名物企画であるこのコーナー。

放送していると、ついつい見てしまいます。

特に年末の「クビメンバー発表」と新年の「新メンバー発表」時には、「ヤラセ」の噂も含め、大いに盛り上がります。

 

ただ、ヤラセとかではなくて、もっと根本から「このコーナーは成立していないのではないか?」と以前より感じていました。

 

チキンレースとは

コーナータイトルにある「グルメチキンレース」というのがポイントです。ではチキンレースとは何か。

チキンレースとは本来、ジェームスディーン主演の映画『理由なき反抗』に見られる度胸試しのためのレース(又はゲーム)のことで、壁や崖に全速力で向かい、どちらが壁(崖)近くまでブレーキを踏まずにいられるかを競うものである(チキンゲームともいう)。ルールは上記以外にも多種存在するが、基本的には相手との根競べであることから根競べの状態を指してチキンレースというようになる。特に株取引の際、こういった場面が多いことから株の世界でよく使われる他、ボードゲームやカードゲーム、オンラインゲームなど複数参加のゲームで、リスクを伴うが勝ちに繋がるような駆け引きの状態を指しても使われる。

出典:日本語俗語辞典 http://zokugo-dict.com/

 

つまり「ゴチになります!」では、価格のわからない料理を食べていき、食べた料理の合計金額が、「設定金額」という「壁(崖)」に近づいた順に勝ち抜けていくルールです。

 

ここまでではまだ、矛盾点はありません。私の感じる矛盾点は、勝負の流れの中にあります。

番組の流れはだいたいいつもこんな感じだと思います。

  1. 一品目注文 ~ 食事 ~ 価格予想
  2. 二品目注文 ~ 食事 ~ 価格予想
  3. スペシャル料理 ~ 食事 ~ 価格予想
  4. ラストオーダー ~ オーダーストップ ~ 食事 ~ 価格予想
  5. 結果発表

 

オーダーストップのタイミングが明らかにおかしいです。

これでは成立しません。

一品目、二品目は食べてから価格予想しているのに、ラストオーダーをしてからは食べていないのにオーダーストップをしています。つまり、食べる前に価格を決めていることになります。

 

では、何で値段を決めているの?料理名で? それっておかしくないですか?

 

さらには最後に2-3品目を注文した後に、「○○をやめて、△△に」とか、「デザートの□□を2個」とか、食べてもいないのに何をしているの?と観ていて疑問です。

 

まだ初期のころはオーダーストップのタイミングも各人それぞれで、ちゃんと「チキンレース」していたと思います。「この料理だったら、あと一品頼んでも大丈夫か…」など、しっかりとした駆け引きがありました。

 

元々は面白い企画だったのに、「ゲストを交えた食事会」に成り下がっているのが、個人的にはとても残念です。

 

…と言いつつも、また観てしまうんですけどね。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

広告を非表示にする